『てんかん』は忘れた頃にやって来る ~我が家の猫、ポチャの日常~
カメラ嫌いな猫
2017年01月14日 (土) | 編集 |
今日はちゃげの命日。

170114-1.jpg
小さなブーケを2つ買い、
1つはお墓へお供えして、もう1つは部屋に飾りました。


170114-2.jpg
目つき悪いね〜。(笑)
ま、それもちゃげらしいかな。
カメラを向けると、いつも嫌そうな顔をしていました。
よっぽどカメラが嫌いだったんだね。
しつこく写真を撮る私によく付き合ってくれました、ありがとう♪

まるい顔に、立派なヒゲ。
真っ白で柔らかい胸元の毛。
どれもこれも忘れられない思い出です。

笑顔の一枚
2016年01月14日 (木) | 編集 |
今日はちゃげの命日です。

お墓参りに行ってきました。

毎年この時期のお墓参りは寒くて辛いのですが、
今日はそうでもありませんでした。
やはり暖冬なのでしょうね。

相変わらずお墓にはいっぱいお花が供えられていました。
たくさんの人がお参りに来るので眠っているペット達はさみしくないですね。

ちゃげ、また来るね。(^^)


160114.jpg

ちゃげはカメラが好きではないらしく、
写真を撮ろうとするとプイッと横を向いてしまいます。
だから、この写真はとっても貴重!
カメラ目線の上、笑顔(?)でいい顔しています。
私のお気に入りの一枚です♪

思い出の場所
2015年01月14日 (水) | 編集 |
今日はちゃげの命日。
お墓参りへ行ってきました。


150114-1.jpg



これは10歳のときのちゃげ
150114-3.jpg
シニアではあるけれど、元気で若々しい顔です。


150114-2.jpg
リラックス〜♪
ゴロゴロとのどを鳴らす音が今にも聞こえてきそう。
ちゃげのゴロゴロは静かな低音で、とても癒されます。



日なたぼっこをしていたベランダ。
布団に潜って寝ていた押し入れ。
誰にも邪魔されずにお昼寝していた本棚の上。

実家にはちゃげの思い出の場所はたくさんあるけれど、
今は弟家族が住んでいるので見る事はありません。
唯一見ることが出来る思い出の場所、それはちゃげとお別れしたお墓。
懐かしい思い出は写真を見るだけになってしまいました。

お父さんをよろしく
2014年10月06日 (月) | 編集 |
虹の橋のちゃげへ。

楽しく毎日を過ごしていますか。


141006-1.jpg


あのね、お父さんがそっちへ逝ったよ。
もう会えたかな。

お父さんのこと、よろしく頼むね。


141006-2.jpg


先週、父が他界しました。

ちゃげは父の晩酌仲間。
なぜか父がお酒を飲み出すとちゃげが側によってくる。
酒のつまみをこっそりあげていたみたい。
フード以外はあげちゃダメって言ったのに!

ちゃげとお父さん、今頃仲良くやっているかな・・・

もう一度・・・
2014年01月14日 (火) | 編集 |
今日はちゃげの命日。
虹の橋へ旅立って6年になります。

140114-1.jpg


昨日、お墓参りへ行って来ました。
いつもは静かなお墓ですが、
祝日ということでお参りする人が結構いて賑やかでした。
お墓にはたくさんの花が飾られて、まるでお花畑。
眠っているペット達もきっとさみしくないですね♪


140114-2.jpg
胸の真っ白でフワフワな毛が大好きでした。


140114-3.jpg
ちゃげのチャームポイント、まるい顔にまるい体。

もう一度、ギュッと抱きしめたい。