『てんかん』は忘れた頃にやって来る ~我が家の猫、ポチャの日常~
めざせ正常値!
2017年04月02日 (日) | 編集 |
療法食と薬の効果はどれくらいあったのでしょうか。
ポチャの腎臓の状態を見るため、昨日は血液検査をしに病院へ行きました。

170402-2.jpg
「急に連れて行くなんて、おねえちゃんヒドい!」


170402-1.jpg
BUNは正常値になっていましたが、Creはまた少し数値が上がったようです。


今はまだ大丈夫だけれど、このまま数値が上がるようであれば、
自宅で皮下点滴をしなくてはいけないそうです。
そ、それはちょっと大変かも〜。


170402-3.jpg
「ボクも嫌だ!」

悪くなった腎臓は元には戻らないけど、数値は下げられるということなので、
どうにか正常値に戻してキープできればいいなと思います。

小さく変形
2017年03月02日 (木) | 編集 |
今日はポチャを連れて病院へ行ってきました。

先月の血液検査で腎臓の数値が高かったため、
今回はエコー検査です。

検査中は私がポチャを横向きや仰向けに寝かせて押さえていなければいけませんが、
じっとしていてくれたのでスムーズに検査が出来て助かりました。
一方、先生はポチャのお腹に脂肪がたくさんあって、
エコーで見づらいようでしたけど。(笑)

ポチャの腎臓は普通より小さく、まわりの壁が厚くなって、変形していました。
やはり腎不全でした。

来月、再び血液検査をする予定です。


170302-1.jpg
「気になる〜。」


170302-2.jpg
「ヘンなのが付いてるんだもん!」

エコー検査をするのにお腹にアルコール液を付けられました。

170302-3.jpg
「気になる、気になる〜。」

同じ所ばかり舐めていては乾かないでしょう。(笑)
お腹の方はまだ湿ってるよ。

170302-4.jpg
「え?」


170302-5.jpg
「おねえちゃん、拭いてください。」

そのうち乾くから大丈夫。(^^)

年を取るということ
2017年02月13日 (月) | 編集 |
先週ポチャが受けた健康診断の結果を聞きに病院へ行ってきました。


170213-1.jpg


血液検査の結果、
腎臓の数値が高くなっていることから、初期の腎臓病であることがわかりました。
今日から療法食と薬の治療を始めます。

とりあえずフードは試供品を何種類かもらったので、
ポチャの食べっぷりを見てから決めようと思います。


170213-2.jpg
食いしん坊なのでどれでも好き嫌いなく食べてくれそうです。(笑)


腎臓病になってしまったことはたしかにショックですが、
年をとったら悪くなるだろうと覚悟はしていました。
先生も「早い段階で発見できてラッキー」とおっしゃっていたように、
辛い症状が出る前に治療を開始することが出来てよかったです。


170213-3.jpg
「薬が増えたの?イヤだなぁ。」

ビーフ味の薬だって!
おいしいかもね♪


次に、レントゲンの結果。
左の腎臓に小さな結石がありました。
来月にエコー検査をする予定です。

それから変形性脊椎症が発覚!
腰の骨の形が変形していました。
これは加齢によるものなので、しかたがないそうです。
とはいえ、高い所への上り下りや激しい運動など、
骨に負担のかかることは避けた方がいいそうです。


その他、
てんかんの薬の血中濃度は正常。
腹腔内脂肪、かなり多め。

つまり、肥満!
170213-4.jpg
「聞こえません。」


今年の健康診断はあまりいい結果ではありませんでした。

ビビりなふたり
2017年02月06日 (月) | 編集 |
さぁ、一緒にお出かけするよ♪

170206.jpg
「どこへ?」


今日は病院でポチャの健康診断をしました。

体重、6.35kg。
体温、平熱。
耳、目、口、胸の音をチェック。
異常はありませんでした。
その後、採血とレントゲン撮影をして終わり。
結果は1週間後です。

病院ではいつもビビっているポチャですが、
レントゲン室へ連れて行かれる時はもっとビビっていたようで、
「おねえちゃん、助けて!」とこちらを見る顔は人で言うなら今にも泣きそうな表情。
それを見た私も「ポチャが連れて行かれる!」と不安に。
もしかして私もビビり?(笑)

そんなビビりのポチャも家に帰ったら安心すると思ったのですが、
まったく落ち着かず、部屋をウロウロと歩きまわってばかり。
夜になってやっといつものポチャに戻りました。

良い患者です
2016年09月06日 (火) | 編集 |
今日はポチャのワクチン接種に行ってきました。

160906-1.jpg 
「病院へ連れて行かれちゃったよ〜。」


平日にもかかわらず動物病院は込んでいましたが、
それほど待たずにすみました。

診察室でキャリーからポチャを出すと、なんとなくおしっこ臭い!
寝起きで急に連れて来られたから、びっくりしてちびっちゃったかな?(^^;

体重は、6.55kgでした。

体温計をお尻に入れられても、聴診器を当てられても、
そして注射器でチクッとされても、微動だにしないポチャ。
その姿を見た先生は「エラいね〜♪」と褒めてくれました。
ポチャは恐くて動けないだけなんだけど、
先生にとっては診察し易い良い患者ということですね!(笑)


160906-2.jpg 
病院から帰ったポチャは、少しお疲れモードでした。