『てんかん』は忘れた頃にやって来る ~我が家の猫、ポチャの日常~
年を取るということ
2017年02月13日 (月) | 編集 |
先週ポチャが受けた健康診断の結果を聞きに病院へ行ってきました。


170213-1.jpg


血液検査の結果、
腎臓の数値が高くなっていることから、初期の腎臓病であることがわかりました。
今日から療法食と薬の治療を始めます。

とりあえずフードは試供品を何種類かもらったので、
ポチャの食べっぷりを見てから決めようと思います。


170213-2.jpg
食いしん坊なのでどれでも好き嫌いなく食べてくれそうです。(笑)


腎臓病になってしまったことはたしかにショックですが、
年をとったら悪くなるだろうと覚悟はしていました。
先生も「早い段階で発見できてラッキー」とおっしゃっていたように、
辛い症状が出る前に治療を開始することが出来てよかったです。


170213-3.jpg
「薬が増えたの?イヤだなぁ。」

ビーフ味の薬だって!
おいしいかもね♪


次に、レントゲンの結果。
左の腎臓に小さな結石がありました。
来月にエコー検査をする予定です。

それから変形性脊椎症が発覚!
腰の骨の形が変形していました。
これは加齢によるものなので、しかたがないそうです。
とはいえ、高い所への上り下りや激しい運動など、
骨に負担のかかることは避けた方がいいそうです。


その他、
てんかんの薬の血中濃度は正常。
腹腔内脂肪、かなり多め。

つまり、肥満!
170213-4.jpg
「聞こえません。」


今年の健康診断はあまりいい結果ではありませんでした。