『てんかん』は忘れた頃にやって来る ~我が家の猫、ポチャの日常~
薬の量
2008年09月05日 (金) | 編集 |
5日分もらった薬も今日の夜でおしまい。
なのに大学病院からは何の連絡もありません。
もしかして「かかりつけの病院の方には連絡が行っているかも?」と思い電話してみましたが、やはり連絡は行っていませんでした。
どうしたらいいか相談すると、先生が大学病院へ問い合わせてくれました。

問い合わせた結果・・・
「薬の量が多いみたいですね。」
やっぱり!!
「量を減らした薬を1週間分出します。その後また血液検査をさせてください。」
今後はかかりつけの病院へ通院します。明日、薬を貰いに行くことになりました。

「ポチャちゃんの様子はどうですか?寝てばかりいたり意識がもうろうとしていませんか?」
ズバリ、その通り!!
「やはり薬が多いんですね。薬の量は減らしますので、今日の夜は残りの薬を飲まなくていいですよ。」
よかった!!
ポチャの様子を気にかけてくれる、薬を飲まなくていいと言ってくれる、そんな先生が天使に思えました~。(笑)

薬がもっと減れば、元気なポチャに戻るね。
よかったね♪嬉しいね♪




それにしても、大学病院から何故連絡が来なかったのでしょう。
そりゃ大学病院は忙しいでしょう、ポチャなんて大勢の中の1匹で忘れられたのかもしれません。
だけどポチャを心配する私達家族の身にもなって欲しい。

やっぱり大きな病院よりも、いつも行く病院の方がいい。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック