『てんかん』は忘れた頃にやって来る ~我が家の猫、ポチャの日常~
4分の3
2008年11月15日 (土) | 編集 |
ポチャのてんかんの薬を貰いに病院へ行きました。

先日の血液検査の結果、
フェノバール(てんかんの薬)の血中濃度は43(理想は15~30)でした。
薬を飲まない状態で検査をしたのに、とても高い数値です。
肝機能は正常値で安定していました。

ということで、フェノバールの量を減らすことになり、
1日1回1錠だったのが、4分の3錠になりました♪
だけどタチオン(肝臓の薬)は続けて飲むことにして、
来月に血液検査をすることになりました。

フェノバールの量を決めるのはとても大変ですね。
多くても少なくてもダメ、常に体の中に一定量あるようにしなければいけません。
その為に何回も血液検査をしなくてはいけないのです。
今度の結果はどうなるかな?

薬の量が減ることで、
ポチャの後ろ足の引きずりや体のふらつきが無くなるかもしれません。


PICT0119_20081115162205.jpg
薬の量が減ったよ。よかったね、ポチャ♪


PICT0120.jpg
「やったーーー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック