『てんかん』は忘れた頃にやって来る ~我が家の猫、ポチャの日常~
枕を半分こ
2008年11月29日 (土) | 編集 |
ポチャに朝ゴハンをあげた後、再び布団に入っていると、
ゴハンを食べ終えたポチャが私の布団の上に来ました。

足元からゆっくりと頭の方へと歩いてくるので、
どの辺で寝るのかな?と思っていたら、顔の横までやって来ました。

そして、上半身を枕に乗せて座りこみました。



これは、「おねえちゃんと一緒に寝たい♪」ってこと?
それとも、「おねえちゃん、さっさと起きて!」ってこと?

しばらくポチャにくっついて一緒に寝ていたのですが、
枕を半分取られていて寝にくかったので、起きることにしました。

そのうち布団に陽が当たるようになり、
ポチャは気持ちよさそうに日なたぼっこを始めました。



PICT0209_20081129232442.jpg
「日なたぼっこの邪魔だから、退いて!」ってことだったのかな。(^^;



PICT0213.jpg


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック