『てんかん』は忘れた頃にやって来る ~我が家の猫、ポチャの日常~
昨夜の出来事
2009年10月02日 (金) | 編集 |
昨夜、そろそろ寝ようかなと思っていた時のことです。

いつものように布団のド真ん中を占領して寝ていたポチャが、
急にガバッと起きました。
目がまんまるで、シッポが太く、爪を出し、何かに興奮している様子。
さっきまで夫と遊んでいたので、まだ遊びモードなのかと笑っていたのですが、
何だかちょっと様子がおかしい。
すると飛び跳ねながら転がり始めました。
・・・てんかんの発作でした。

発作はすぐに治まりましたが、
ポチャは自分の身に何が起きたのかわからず
しばらく目をまるくさせ緊張していました。
私と夫は「大丈夫だよ」と声をかけながら撫でてポチャを落ち着かせました。


それにしても、ビックリしました~。
今までの発作の中でも、わりと大きなものだったような気がします。
ちょうど布団の上にいたので、激しく転がっても怪我をしないで済みました。

「発作が起きなければ薬の量を減らしましょう。」
と病院の先生から言われていたのに・・・。
薬の量はまだまだ減らなそうです。


091002.jpg
発作後のポチャ。やっと落ち着きを取り戻しました。
ビックリしたね、もう大丈夫だよ♪

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック