『てんかん』は忘れた頃にやって来る ~我が家の猫、ポチャの日常~
良薬は口に苦し
2011年05月10日 (火) | 編集 |
ポチャは毎日、てんかんの薬『フェノバール』を飲んでいます。
薬の時間は夜。
錠剤なのでドライフードに混ぜて気づかれない様にしてあげています。
だけど時々、ゴハンは完食しても薬だけお皿に残っていることがあるので、
きちんと飲んだかお皿をチェックしなければいけません。

ところが今朝見つけてしまったのです、飲み損ねた薬を!
お皿はチェックしたので飲んだと思っていたのですが、

110510-2.jpg
こんな所に薬がへばりついていました。


110510-1.jpg
「だっておいしくないんだもん。」


薬を口に入れた瞬間「おいしくない!」と思い、頭を振って出したのでしょうか?
お皿だけではなく、周辺もチェックしないとダメなんですね~。


110510-3.jpg

ポチャ、薬はちゃんと飲んでくださいねぇ。(^^;

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック