『てんかん』は忘れた頃にやって来る ~我が家の猫、ポチャの日常~
病院からのハガキ
2014年10月22日 (水) | 編集 |
えーーーっ!!

141022-1.jpg
「なになに、どうしたの?」


ポチャが我が家に来てから11年間お世話になっている動物病院が
今月いっぱいで閉鎖になるそうです。
昨日お知らせのハガキが届きました。

ポチャのてんかんをずっと診てもらっていたので、
いまさら別の病院で最初から説明したり、検査をするのは面倒〜。


141022-2.jpg
「ということは、もう病院へ行かなくていいってこと?」


幸い、ここの医院長先生は他にも病院をやっています。
つまり、お店の支店がいくつかあるように、
獣医師が違っても同じ病院がいくつかあるということ。
そちらで今まで通り診察を受けられるようです。


141022-3.jpg
「えっ、他の病院?」


少し遠くなってしまうけれど、車ですぐに行ける場所なので、
そちらでお世話になろうかな。


141022-4.jpg
「お世話になります。」


それにしても、あまりにも突然の話でびっくりです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック