『てんかん』は忘れた頃にやって来る ~我が家の猫、ポチャの日常~
さらば思い出の診察券
2014年11月12日 (水) | 編集 |
かかりつけの動物病院が10月いっぱいで閉鎖してしまったので、
同じ系列の別の病院へ行くことになりました。
(病院閉鎖の記事はこちら→『病院からのハガキ』

今日、お薬を貰いに初めてその病院へ行ってきました。

明るく清潔感のある大きな病院。
若い女性の獣医さんでした。

ポチャの病気をどう説明しようか悩んでいたのですが、
「○○病院で診てもらっていたのですが」と言うと、
「ではカルテを見てきますね。」と先生。
カルテはこちらの病院へちゃんと移動されていたのですね〜。
ポチャのことをわかってくれているようで一安心♪
すぐにお薬をもらうことができました。

それから診察券が新しくなりました。
古い診察券は私にとって11年間のいろいろな思い出が詰まった物だったのにな・・・。
このさい病気の思い出はポイッと捨てちゃいましょう!
ついでにポチャの病気もポイッと捨てて元気になってもらいましょう!(^^)


141112-1.jpg


141112-2.jpg


今までの病院より少し遠くなってしまったので、
ポチャが健康で病院へ行く回数が少ないとありがたい。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック