『てんかん』は忘れた頃にやって来る ~我が家の猫、ポチャの日常~
どうしてお腹が減るのかな
2017年02月28日 (火) | 編集 |
昨日のポチャは午前中からずっと起きていて、
15時のゴハンまで待っていられずにニャーニャー鳴いてばかり。

すると突然吐いてしまいました。
と言っても、お腹ペコペコ状態なので少量の胃液しか出ませんでしたが。

何で吐いちゃったのでしょう。
お腹が空きすぎて?
ニャーニャー鳴きすぎて?
まったくわかりません。(^^;


☆────────────────────☆

<今月のポチャ>
てんかんの発作 なし(9ヶ月発作なし)
嘔吐      1回

☆────────────────────☆


だんだん日なたが部屋に入らなくなってきて、
日なたぼっこの時間が短くなってきました。
午前中の早い時間帯じゃないと日なたはないからね。
それを逃すとお昼寝できないよ。

170228-1.jpg
今日はちゃんと日なたぼっこをしていました。

じゃあ、15時まで待てるかな。

170228-2.jpg
「お昼寝してもお腹は空きます!」

ポチャの体内時計は狂ってるな・・・。(笑)

ま、食欲があるということはいいことです♪

敷物を掛ける
2017年02月23日 (木) | 編集 |
気づけば敷物の下に潜っているポチャ。
最近の彼のマイブームなようです。

170223-1.jpg
今朝も、さっきまで寝ていたのにこの通り。
敷物がくしゃくしゃになっていました。

いつも勢いよく潜ったあと急に静かになるので、
いったい中で何をしているのだろうと思って覗いたら・・・

170223-2.jpg
「何か用?」

なんと毛繕いをして、くつろいでいました。
それじゃあ『敷物』じゃなくて『掛物』だよ〜。(笑)

遊ぶつもりが、居心地がよくなってしまったのかな♪

年を取るということ
2017年02月13日 (月) | 編集 |
先週ポチャが受けた健康診断の結果を聞きに病院へ行ってきました。


170213-1.jpg


血液検査の結果、
腎臓の数値が高くなっていることから、初期の腎臓病であることがわかりました。
今日から療法食と薬の治療を始めます。

とりあえずフードは試供品を何種類かもらったので、
ポチャの食べっぷりを見てから決めようと思います。


170213-2.jpg
食いしん坊なのでどれでも好き嫌いなく食べてくれそうです。(笑)


腎臓病になってしまったことはたしかにショックですが、
年をとったら悪くなるだろうと覚悟はしていました。
先生も「早い段階で発見できてラッキー」とおっしゃっていたように、
辛い症状が出る前に治療を開始することが出来てよかったです。


170213-3.jpg
「薬が増えたの?イヤだなぁ。」

ビーフ味の薬だって!
おいしいかもね♪


次に、レントゲンの結果。
左の腎臓に小さな結石がありました。
来月にエコー検査をする予定です。

それから変形性脊椎症が発覚!
腰の骨の形が変形していました。
これは加齢によるものなので、しかたがないそうです。
とはいえ、高い所への上り下りや激しい運動など、
骨に負担のかかることは避けた方がいいそうです。


その他、
てんかんの薬の血中濃度は正常。
腹腔内脂肪、かなり多め。

つまり、肥満!
170213-4.jpg
「聞こえません。」


今年の健康診断はあまりいい結果ではありませんでした。

はじめてのちゅ〜る
2017年02月07日 (火) | 編集 |
昨日のポチャは落ち着きがなく、ウロウロ部屋中を歩きまわっていました。
おやつでも食べれば寝るかな?

そこで「ちゅ〜る」の登場です!

お友達猫さんやCMなどで猫ちゃん達が夢中になって食べている姿が印象的で、
ポチャにもあげようと買い置きしてありました。

さっそくポチャも『ちゅ〜るデビュー』です♪

170207-1.jpg
いい匂いに我慢できず、思わず手が出ました。


170207-2.jpg
「ん〜、うまっ!」


170207-3.jpg
鼻にしわ寄せて舐めてます。


170207-4.jpg
あ〜、袋をかじっちゃってるよ。(笑)


170207-5.jpg
「ちゅ〜る最高!」


CMのように可愛く食べてくれたかは疑問ですが、
とても満足したようです。

しかし、この後落ち着いて寝るどころか「ちゅ〜る」で興奮してしまい、
ウロウロ歩きは夜まで続いたのでした。

作戦失敗。(^^;

ビビりなふたり
2017年02月06日 (月) | 編集 |
さぁ、一緒にお出かけするよ♪

170206.jpg
「どこへ?」


今日は病院でポチャの健康診断をしました。

体重、6.35kg。
体温、平熱。
耳、目、口、胸の音をチェック。
異常はありませんでした。
その後、採血とレントゲン撮影をして終わり。
結果は1週間後です。

病院ではいつもビビっているポチャですが、
レントゲン室へ連れて行かれる時はもっとビビっていたようで、
「おねえちゃん、助けて!」とこちらを見る顔は人で言うなら今にも泣きそうな表情。
それを見た私も「ポチャが連れて行かれる!」と不安に。
もしかして私もビビり?(笑)

そんなビビりのポチャも家に帰ったら安心すると思ったのですが、
まったく落ち着かず、部屋をウロウロと歩きまわってばかり。
夜になってやっといつものポチャに戻りました。